読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また会社辞めます!今度こそもうテレビ業界離れます!

また会社辞めます!今度こそもうテレビ業界離れます!

 

詳細な理由は後述しますが、箇条書きすると、

・能力がない

 (これから先の様々な不安や疑念を無視できるほどのやる気がない)

・会社の経営・方向性がヤバい

・労働に比べて給料が安い

です。

とうとう、この仕事を「続ける理由」を「続けない理由」が上回りました。

 

8月半ばに直近の上司にふわっと「転職したいんですよね」と持ちかけたのが始まり。8月末に社長と面談をして、辞めたい旨を告げるも「疲れてるだけだ」と言われ、休んでからまた面談することになりました。そして、本日再び面談をして本格的に辞める運びとなりました。

 

最初の社長との面談では、この業界で大変だったエピソードを聞かされ、「こんな俺でもやってきたんだからお前だって大丈夫」という着地を狙ったんでしょうが、「もう関わりたくない」という思いが強くなりました。

話し合いは2時間半に渡りました。

こいつはもうダメだと思われるがために「もうやる気がない」「僕には能力がない」「うんざりだ」と告げましたが、「お前は疲れて気持ちが落ち込んでるだけだから一旦休んでからまた話し合おう」と言われました。

 

話し合いが終わり、このままうやむやにされるのも嫌だからと、改めて気持ちをメールで送りました。それを掲載します。

今日はお話させていただきありがとうございました。

確かに、気持ちが落ち込んでいてネガティヴになっているのかもしれません。
ただ、6月頃から考えていて今の気持ちとしては勝手ながら9月末に退職したいと思っています。

申し上げました内容と重複しますが、理由としては、まずこの業界で続けていくことへの大きな不安があります。それは自分自身の能力的に見ても、あるいは業界の動向としてもそうです。

ここまで働いてきた中でずっと考えてきましたが、AD的なベースとなる業務を続けるならまだしも、性格や演出力、体力など能力的にクリエイターとしてやっていけるとは思えません。いつ仕事がなくなるのかわからない状況の中で、歳を取りどうにもならなくなる前に、今のうちに他業界へキャリアチェンジを図った方がいいと考えています。

映像、エンターテイメント業界で働くことに向いていないと分かってきたので、歳を取ってどうにもならなくなる前に他業界へ移りたいと思っています。公務員というのもあながち冗談ではありません。
また、前の仕事を辞めた時にも抱えていた、何のために、何と引き換えにテレビで体力や時間を使って働いているのかということについては、まだ解決していません。やはりこの仕事の中で喜びや楽しみなどを見出せず、これなら、より休めて、より安定していて、より給与面で条件のいい仕事につきたいという考えに至りました。

今後、仕事が立て込みハードな状況に置かれることになった時に、それをはねのけてまで働く何かが思い当たりません。
勝手ながら今の心境としては、人生設計を見直し、他業界へ移り、何か調整的な役割や、ルーティンワーク的な仕事に専念してここまで培ってきた能力を使いたいと考えています。
一旦お休みをいただいてからまた考えます。 

 

このメールに対する社長からの返信も載せます。一部伏せてます。

まあ、精神的にも休んで考えてみてください。
昨日の話、そしてメールの文面から察するに、
どういうわけか、○○はこの世界の中でやっていく能力がない、と自分自身で判断しているんだね。

オレは長年この世界の人たちを見てきたが、○○は磨けば光る可能性を秘めていると思うけどな。
昨日も言ったけど、(☓☓企画)で、(☓☓ネタ)を見つけてきたことは大いに賞賛されるべきこと。

つまり自主的に、もっと面白くするには、ということで見つけてきた。それが人に評価される、これを「優秀、出来る人」ってことです。

これをいくつ出来るか、つねにそんなことを考えていて実践し、実績を上げる、これが一流になっていく、ということです。

どんな世界でもそうだけど、最初から能力のある人ってのはいない、です。
オレに言わせれば、○○はまだまだ駆け出しです。
能力がある、この世界に向いている、を評価する以前の段階です。

しかしながら、(☓☓他社)のADを見てみて。あんなもんですよ、周りは。
○○は素養があるんだから、いろんなことを磨けばもっともっと能力が発揮できるし、向上していくと思うよ。

なのに自分で自分のこと、早めに評価しすぎでないかな?
いろいろなことを経験して(いいことも苦しいことも)、昇っていくので今ここで自己判断でやめていくことは、誤った判断だと思うよ。

昨日も言ったとおり、今のテレビ界においての制作者のあり方は、オレが入ってきた頃とは大きく変化してきている。
逆に言えば、昔はプロデューサーもディレクターも、そのカラーが決まっていたので
そのカラーが自分にあうかどうかで、この世界に向いている、向いていないが分かったけど、
今や、いろんな色の制作者・クリエーターがいてよくなったので、
むしろ、「○○色した制作者になる!」と自分で理想のカラー、ポジションを決めればいいんでないか?
(勿論、自己チュウでは意味ないけど)。
視野を広くし、いろんな人と会って、この世界をみると、「おっ、こんなクリエーターもいるんだ」ということが分かるよ。


何と引き換えに今、こんなに時間と苦労を費やしているのか、分からないと言ってたけど、それは自分で考えるしかないんでね。

とにかく自分の思う番組を作りたい! って人もいれば、
金とか 名誉、とか家族とか、世界平和(?)とか、いろいろだと思う。

でも、どんな世界で働いても、上記の問題は出てくるので、だったら、引き換えにする何か、は大きなこと理想を掲げて欲しい、と、老婆心ながら思います。

ま、とにかく考えてみてください。

よろしく!

 

要するに「諦めるのは早い」「磨けば光るかもしれない」とのことですが、僕はそう思えません。ここでも争点になっていますが、そもそも「ディレクターとしての能力」って何でしょうか。ずばり言うと、(ここまで働いて見てきた中では)僕は「やる気」と「声の大きさ」だけだと思ってます。

「やる気」っていうのは、しんどい仕事に対してどれだけ身を粉にして働けるかということ(そもそもしんどい仕事をしんどいと思わない)。「声の大きさ」っていうのは、文字通り物理的に大きい声を出せるかということと、自分の考えを曲げずに言えるかということ。それ以外の「能力」は特に関係ないと思ってます。

それは、制作に携わるあらゆる業務にはそれぞれ専門のスタッフがいるからです。例えば、おもしろいアイデア・構成は作家が考える、デザインは美術や編集マンが造る、撮影・画作りは技術が担う、といった具合。

業界の人が見たら異論はあるでしょうけど、でも、そうじゃなかったら業界で働いてる大多数のつまんなくてダサい人たちに仕事があるわけないでしょう。説明がつきません(番組ではなく、CMとかMVとか作るディレクターはまた違うんでしょうか)。

 

で、僕にはその「やる気」も「声の大きさ」もないんです。こんな根を詰めて仕事するのは嫌だからちょうど給料に相当する分の仕事をしたいと思ってしまうし、優柔不断ですぐに決められない、決めかけたことを曲げてしまう。そして、それを何とか改善しようとは思えず、大変な仕事に巻き込まれるのはもう懲り懲りだと思ってしまう。

それに、業界から一歩引いて見た時に、この「やる気」と「声の大きさ」に価値があるとは思えません。要は、つぶしが利くとは思えません。2年前に就職アドバイザーに言われたことがまだ頭の中で反響します。この仕事には専門性がないんです。色んな人が口出し手出して作るので、ポートフォリオと呼べるようなものも残りません。ただただ身を粉にして働くことによって仕事をします。

例えばこれから先この仕事を続けてポンと仕事がなくなった時に、僕には何ができるでしょうか。何か他業界で使えるようなスキルを持っているのでしょうか。ポジティブな想像ができません。この仕事を続ければ続けるほど真綿で首を絞められていくイメージが離れなくなりました。臆病風に吹かれた?とにかくもうこの業界で働いていく不安がとてつもなく大きい。もう無視できない。

 

会社の状況についてまだ書いてませんでした。一応番組の制作会社ではあるんですけど、かなり歪で社員が7名。制作部が社長含めて4名。ポジション的に言うとプロデューサーが2名でAPが1名、ADが僕1人。つまり、ディレクターがいないので会社だけで制作を完結することはできません。だから、基本的にはフリーのディレクターを入れて番組を制作してました。

昨年の秋に持っていた2つのレギュラー番組が全て終わり、それからレギュラーの仕事がないので、これでも深刻な人手不足という訳ではありません。つい先日、求人を出して拡大を図りましたが、まともな人は誰も来ず失敗に終わりました。また、企画を考えてずっと局に売り込んでますが、なかなか成立しません(僕が考えた企画もありましたが、一度提出してボツになりました)。こんな制作体制だからまともに取り合ってくれないんじゃないかという気もしてます。(今更言うのもおかしな話ですが)例え続ける気持ちがあったとしても、こんな状況でキャリアアップは到底かないません。

それで危機感を感じてるのか、かなりの大枚をはたいて新規事業に乗り出そうとしてます。具体的に言うのは避けますが、僕にはそれが成功するとは到底思えません。本体の会社からは弊社は時間の問題だと言われているそうです。

 

会社がこんな状況だから昇給も望めません。手取り19万です。6月に昇給して19万です。2年かけて昇給1万、手取り19万です。残業、休日出勤に対してお金を渡すという概念はありません。最近スマホが壊れたんですけど、買い換えたら生活が本当にギリギリになりました。もう全然ヘラヘラしてられなかったです。僕が営業をして仕事を取ってくるわけじゃない、僕の仕事が会社の利益に直結しないのは分かってますが、それでもしんどい。来年は手取り20万でしょうか。やってられるかバカ!

 

辞めるに至った考えについては大体以上の通りです。

本日、社長と再び面談して1時間ほど話し合い、正式に受理されました。

これから手続きを進めていきます。退職時期についてはよくわかってません。

 

 

で、ここまでダラダラ書いてきましたが…

環境のせいにするな?甘えるな?うるせえ!将来が怖くて仕方がないんだよ!

もう無理!不安不安不安!!!

次に何やるかなんて決まってなくて、何やったら僕は安心できるんでしょうか!?

安心できる仕事があるんでしょうか!!不安!!

健康でいたらあと40年くらい働くんでしょうきっと!ちょっと長すぎるでしょ!

人生長すぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

うお~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!