読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年8月21日 笑点 林家三平の動向

●番組前半、たい平の24時間マラソン応援企画での自己紹介

ウエイトトレーニングをする三平「どんな仕事よりも笑点にウエイトを置いています。おもーいおもーいはひとしお。三平です」

 

 

●挨拶

三平「この夏、東京から世界文化遺産が生まれました。それは上野にあります国立西洋美術館なんですけども、そこはル・コルビュジエという方が設計したそうなんです。西洋美術館に静養しにいらしてください。台東区民、三平です」

 

 

●お題:「しゃべれどもしゃべれども」という作品では三平さんが声優をしたりしています。そこで今回は、「○○ども○○ども」と同じ言葉を繰り返してください。私が「なんですか?」と聞きますので、答えてください。

三平「つかめどもつかめども」

昇太「なんですか?」

三平「うなぎは前に逃げてしまう。前に回ってうなぎに聞いてください。うなぎ屋という一席でございました」

頼むから落語を背負うようなことはしないで。

 

 

●お題:海の生物になって泳ぎながら暑さを嘆いてください。私が「大変だねー!」と言いますので、さらに続けてください。

三平「私、なまずなんですけどもこの暑さで何も喉を通らないんです」

昇太「大変だねー!」

三平「なまず食わずです」

 

三平「私、イカなんですけど食欲不信で」

昇太「大変だねー!」

三平「ゲソっとしました」

昇太「三平くんの1枚持ってって」

三平「なんでー!」

ネタがセルフかぶりしてないか。

 

 

●お題:たい平さんがメンバーの近くで走るアクションをしてください。メンバーの皆さんは励ましの声をたい平さんにかけてください。たい平さんが「ありがとう!」と答えますので、さらに続けてください。

三平「たい平兄さん、鯖のように走ってください」

たい平「ありがとう!」

三平「鯖は足がはやいんです」

昇太「1枚やって」

たい平「腐っちゃうって意味だって知ってる?」

 

三平「走ってる間は大喜利を任せておいてください」

たい平「あんまり任せられないな君には」

三平「兄さんの大役、ちゃんとやります」

たい平「ありがとう!」

三平「花火やります」(花火のマネをするも、マイクが落ちる)

昇太「1枚持ってって。何一つできてないじゃないか」

 

 

以上。

昇太イジりも胸糞悪くなるような上手い答えも海老名家ネタなし。濁っていても色は色。その色さえ抜けたら三平に何が残る?