読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年5月29日 笑点 林家三平の動向

紋付袴を着て、歓声・驚きの声とともに迎えられる三平。

昇太「新メンバーのご挨拶もどうぞ」

三平「はい。笑点の偉~い人から今日まで喋っちゃダメだよとず~っと言われて頑張って我慢してきました。ですから、うちの佐智子、嫁も知りません。どうぞ、よろしくお願いします。三平です」

圓楽「着物の色は?」

昇太「着物の色はこれから決めるんじゃないですか」

圓楽「ブラック団でいいよ」

 

 

●お題:「入」を偏に使った新しい漢字作り

三平「『入』偏に『竹』でかぐや姫

昇太「うまい!1枚持ってきて」

三平「やったー!イェーイ!」

 

 

●お題:色んな人になって「私、誰々ですが」と感心できないことを言ってください。司会が「それじゃダメじゃん」と言いますから続けて一言。

三平「私、クラシックの指揮者なんですけど、指揮棒を忘れてステージに上がってしまいました」

昇太「それじゃダメじゃん

三平「人生、棒に振ってしまいました」

小遊三「イヨォー!」→座布団1枚

昇太「調子いいね」

三平「ありがとうございます(座布団を持ってきた山田くんと握手する)」

 

 

●お題:「これからの笑点はこうしましょう」とアイデアを言ってください。司会が「いいですね」と言いますから返してください。

三平「今度の収録、み、見通しがいい東京スカイツリーの上でやりましょうよ」

昇太「お、いいですね」

三平「あ、もうここでいいです。なんせ司会が素晴らしいですから」→座布団1枚

昇太「(OKサインを作って)三平くん、いいよ」

三平「(OKサインを作って)ありがとうございます」

 

三平「笑点を良くするために司会者にキャッチフレーズをつけましょう」

昇太「いいですね」

三平「うちの姉が、独身チビ野郎って言ってました」

昇太「全部持ってって」

圓楽「どっちの姉?」

三平「ご存知…」

 

 

以上。

うまい答え3。身内を使った昇太イジり1。