読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年を振り返っての感想や相談事など

 大学1年の終わりの授業で書いた文章を載せます。

 大学のクラス単位のホームルームみたいな授業で、個人面談をする待ち時間に書かされた文章です。他の同級生が周りとぺちゃくちゃ喋っていてうるさいことへの苛立ちとか、1年も終わるというのに自分には全然話し相手がいないことへの焦りとか、そういうネガティブな感情の反作用、「とにかく他の同級生に負けないくらいたくさん書いてやろう」という間違ったモチベーションから変な方向にいってしまいました。

 この文章を書いた結果、大学の教授に呼び出されて「お前の頭が心配」寄りの説教をされることになります。どうぞ。

 

 

・1年を振り返っての感想や相談事など

 何が何だかよく分からないまま1年が過ぎてしまった。4月の自分の心情だったり、あった出来事なんかも、わりと事細かに覚えている。特に、4月から抱えていた自分の中のモヤモヤしたかんじは、あの頃に比べてより深く、はっきりと感じとれるようになったし、ある程度つかめるようになってきた。

 大学に入ると同時に人見知りを発症。サークルの新歓、学類のオリエンテーションに対して敗北につぐ敗北。4月が終わるころにはすっかり擦りきれてしまった。そして今も擦りきれつづけているように感じる。なにがなぜ、どのようにしてそうなっているのかは分からない。でも、擦り切れ続けて、それが少しでも元通りになるような気配が感じられない。

 この●●市、●●大学というのは僕にとってアウェイなのでしょうか。なんか最近は、この土地、この土地によって育てられた人々が悪いんじゃないかと思うようになりました。空、どんよりしてませんか?いつも。蟻地獄とか底なし沼とか、そういった類のものなんじゃないですか?ここ。一度たりともこの土地に関してホームのようなものを感じたことはありませんよ。

 なんなんですか。マジでなんなんですかね。僕はどうしたらいいんですかね。どこにこのモヤモヤをぶつけたらいんですか?

 で、結局ここまで書いてきて、何が言いたいのかさっぱり分かりませんよね?僕も分かりません。

 あっそういえば最近趣味を見つけました。この時期に鳴門、道端に手袋が落ちているのをよく見かけませんか?最近はあれを撮るのが楽しくて。「あっお前こんなところにいたのかよ」ってな感じで。すごく楽しいんですよ。先生もやってみませんか?

 で、この前(1週間くらい前)も手袋を探して自転車を走らせてたんです。そしたら、思いがけないものをいくつも見つけたんです。

 それは、幼児用の靴です。

 幼児用の靴が3セットも道端に落ちていたんです。なんかすっげー犯罪のにおいがするんですけど、もしそうと分かった時、僕は重要参考人になったりしませんかね?すげー不安で…。

 で、先生は、この幼児用の靴がやたら道端に落ちてる事件が幼児連続誘拐事件や幼児連続殺人事件に発展したとなったとき、先生は僕がこの靴を発見して写真におさめてしまったことを黙秘してくれますか?

 まあそんなこと聞くくらいなら最初からこういうところに書くんじゃねえよって話ですけど。それはまあいいでしょう。先生がこういう課題をつくったんですから。どうでもいい話でも、いやどうでもいい話こそ読んでほしいと思うんです。

 で、先生は黙秘してくれるんですか?もし、できないと言うんなら、およそ全てにおいて僕は先生を信用できなくなるかもしれません。いや、まあその一つのことだけで全て信用できるようになるかと言ったらそれは僕もわかりませんけど。でも、こういう一つ一つの積み重ねがあって人と人が信頼関係を結んでいくと思うんですよ。そう思いませんか?

 先生の授業も、1学期でだいたい終わってしまい、クラス担任という関係ではありますけども、ぶっちゃけそれは希薄なものだと思いませんか。1クラスのクラスメイトともちゃんとした関係性を結べているか疑問なのに、担任と生徒間においては、もう関係があるのかないのかもよく分かりませんし。

 僕はぶっちゃけ●●先生の方が強いつながりを感じています。先生は悔しくないんですか?僕が●●先生とイチャイチャしてもいいんですか?それはさすがに嫌でしょう。

 なら僕と信頼関係を結んでいただくためにも、僕に見える形で信頼の形を見せてほしいんです。ですから、できたら今週中にs0911591~宛に「黙秘します」とエールを送ってください。

 そうでなければ、先生がこの文を最後まで読んでいなかったと見なします。そして先生は課題は出すのにチェックは適当だと言いますよ。

 

以上です。