読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年好きな映画ランキング

2015年に劇場見た映画で好きなものを10作品並べます。

 

1.『恋人たち』

2.『バードマン(あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

3.『インサイド・ヘッド』

4.『ヴィジット』

5.『キングスマン』

6.『ラブ&ピース』

7.『セッション』

8.『インヒアレント・ヴァイス』

9.『野火』

10.『マッドマックス 怒りのデスロード』

 

『恋人たち』は、それでも生きていく、生きていかなければならないという希望としんどさがしっかり感じられました。人生は続く。『バードマン(あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、とにかく画と音がかっこいい。街中にパンイチで繰り出すシークエンス失禁しそうになった。『インサイド・ヘッド』、多分これ以上秀逸な脚本はないでしょう。会議で考えられる脚本の限界を見たと思います。『ヴィジット』、怖いし笑えるし松本人志の手触りでした。エンドのラップ最高!『キングスマン』の教会のシーン、何度見返したことか。アクションに音楽を合わせる心地よさをこのレベルでやられると、他の映画のただのアクションが物足りなく感じてしまう。脳みそに直接流れ込んでくる気持ちよさ。『ラブ&ピース』、ドームライブと巨大ガメの襲来で力技のクライマックス。『セッション』、やり過ぎだよ、そんなにおもしろくしなくていいよと2回思った。会場に向かう途中で車ぶつけられるところと最後の演奏でJKシモンズに裏切られるところ。『インヒアレント・ヴァイス』ヘンテコでかっこよかった。『野火』、一番凄惨な映画だった。『マッドマックス 怒りのデスロード』、ギター弾きながら火吹いてるやつがおもしろかった。

 

以上です。